宮崎県とその周辺のフリークライミング、ボルダリングエリアのご紹介

宮崎県の岩場

 宮崎県は縦長の県土をしております。宮崎市のある県南部は平らな地形と岩場を形成しない地質でほとんど岩場がありません。

 よく登りに行くのは、県の北部になります。

 県北部は、日之影、比叡山、行縢山、祝子川、尾鈴山と九州でも屈指のボルダーのエリアになっており、県内外から愛好者が訪れます。現在のところ、県北部へは、高速道路が未開通のため、近い割にはアクセスが悪く片道2〜3時間ほどのアプローチに時間がかかります。しかし、とてもスケールの大きなエリアで大変素晴らしい課題があることから、週末になるとお客様同士でボルダーにでかけます。



 日之影ボルダーは毎年のように新エリアが発表され、トポもインターネット上でダウンロードできることから大変人気があります。また、熊本、福岡、鹿児島方面からも比較的アクセスしやすいことから多くのボルダラーが訪れます。



↑比叡山の岩場(お披露目セッションにて)


↑比叡山の岩場 マルチピッチ 第一スラブ・スーパールート


↑尾鈴ボルダー 外岩イベントの模様 リセットエリア


↑猿ヶ城ボルダー 外岩イベント 下流エリア(嵐を呼ぶ男周辺)


↑日之影ボルダー


↑本匠の岩場(大分県) 遊歩道エリア


↑美郷町の岩場 お披露目イベント


↑本匠の岩場 魚道エリア


↑万江川渓谷の岩場(熊本県) メインウォール


↑金峰山の岩場(鹿児島県) 不動岩下エリア


↑金峰山の岩場(鹿児島県) 林道ボルダー


 

ページの上部へ

SIDE MENU